システムは豊かな人生のために

インターネットの普及にともない、情報伝達が瞬時に、双方向に可能な世界が実現しました。
私どもが扱うシステム製品の主なターゲット市場は公共施設様になりますが、市民と接する機会の多い公共施設様におかれましては、利用者の利便性を考慮したサービスを、安価に、かつ簡便な手段にて市民に提供することを求められています。

芸術と触れあう、施設を利用する、講座を受講するなど、豊かな人生を楽しむ生活文化の振興は、公共施設様の使命であると思います。
そして、芸術観賞や教養講座等をプロモートされる側の公共施設様には、利用者の多様なニーズに応えながら、より質の高いサービスを効率良く提供するソリューションが必要とされています。
私ども株式会社パストラーレは、3つのパッケージ製品を通して、豊かな人生の創造と振興を、システムを通じてお手伝いいたします。

その結果として公共施設様の、ひいては社会全体のお役に立つことこそが、私たちの目指すところです。

株式会社パストラーレ 代表取締役 井尻晃

製品理念

施設予約システム

文化施設の部屋(ホール、会議室、研修室、展示室、リハーサル室など)の貸館でご利用いただきたいシステムになります。

公立施設では条例や条例施行規則によって貸館のルールが定められており、特にホール系では独特な運用があり、 運用ルールには、使用許可、減免、営利加算、利用目的別の料金、土日祝の料金、還付、前納後納、連続利用、抽選会、キャンセル待ち、端数切捨て、調整金、駐車台数など複雑になっています。

膨大な業務ボリュームを対応していきます

空き状況の照会、利用料金の見積・請求、条例で定められた利用許可書の発行、利用率や利用人数の集計、利用料金の減免、キャンセル待ち、予約内容の変更や取り消し、それに伴う還付や追加徴収、営利目的の割増加算、入金確認や督促、催事掲示板の表示など、日々膨大な業務ボリュームを、もしアナログで回しているのでしたら、それはもう匠の技だと思います。
当社のシステムは、匠が居なくても低コストで全てを解決できるソリューションになっており、文化施設の活性化のお役に立てることが使命だと考えております。

チケット販売システム

公共ホールの自主事業、興行主のチケッティングでご利用いただきたいシステムになります。
チケットの予約・販売を自らのWebサイトから行えるようになります。もちろん電話予約や対面販売もできます。

古来よりチケット販売をプレイガイドに委託する習慣がありますが、今後も必要なのでしょうか?

購入者の情報からマーケティングに展開を

自らのWebサイトから予約されたチケットは、コンビニで受け取れるし、スマホ電子チケットにも対応して、クレジット決済や代金引換便にも対応しているので、自らチケッティングされる機能は全て揃っています。

また、チケットを購入された方(観客)がどこのどなたなのかを、主催者は把握しておくべきと考えます。
主催者が自らのシステムでチケッティングする事で、その後のマーケティング展開に必要な購入者情報を入手できる。メルマガで公演情報を発信して自らのWEBサイトへ誘導できる。それを可能とするソリューションをご提供する事が使命だと考えております。

講座管理システム

公民館やカルチャーセンターなどの講座運営でご利用いただきたいシステムです。

社会教育・生涯学習の講座運営はアナログな運用が多いですが、それは戦後間もなく施行された社会教育法に基づくので、コンピューターが無い事が当たり前になっているのかと予想しております。
しかし現場の考え方は違ってきているのではないでしょうか?

アナログ作業のシステム化に対応

講座情報(講座名/日程/講師/受付期間/定員数/託児有無など)の管理、講師情報(連絡先/専門分野/講師紹介文/謝金の額/謝金の支払方法や振込先銀行など)の管理、受講者情報の管理、受講料や教材費の入金管理、申込受付・抽選、出欠管理、DM やメルマガ発信、集計資料の作成、これらアナログ作業のシステム化を現場では求めておられます。

当社では、全ての社会教育・生涯学習を行われている皆さまに、低コストで運用できるシステムをご提供し、講座運営のお役に立てること、ひいては社会のお役に立てることが使命と考えております。